RAG FAIR、オオゼキタク、INSPiが大好きな大学生のブログです。


by keiko-plusblue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

塚ちゃんのこと

はい、今からここ数日落ちてた理由やら、私なりに考えて出した結論やら、
悲しみやら怒りやら祝福やらをうだうだ書こうかと思います。

インスピ知らない人は、読んでも絶対つまらない(っていうか、わからない)だろうし、
いろいろな感情がうだうだマーブルチョコ状態なので、
何言いたいのかよくわからないかと思います(何

ただ、やっぱりスルーはできないので、
結論だけ知りたい人は、一番最後の三行くらいを読んでもらえばいいと思います。






まずは、なぜ私がこんなにも落ち込んでたのかということから。
もう知ってる人も多いと思いますが、
私が大好きなアーティストの一組、INSPiのベースボーカル塚田陽さんが、
12月24日をもって脱退されたためです。

いろいろなインスピファンの方々のブログを読んでみると、
もう結構前から知ってた方もいるみたいなんですが、
私は数日前に2ちゃんで結婚と脱退の噂が出始めたときに初めて知りました。
そのときには、まぁ結婚はあるかもしれないけどまさか脱退はしないだろうと思ってました。

インスピはメジャー復帰したばかりだし、渋公も大成功で終わったしで、
まさにシークレットライブのときに杉ちゃんが言ってたように、
インスピは今年「ホップ・ステップ・ジャンプ」のホップを踏み出して、
来年は一気にステップ・ジャンプしていくんだし、
塚ちゃんはインスピ結成からの初期メンバーなんだし、
まさか脱退はないだろうと思ってました。

でも、ドレミドリの写真も渋公でのメンバーの最後の挨拶も、
脱退するとしたら全部繋がって説明ができるから、
そういう不安もありました。


そして、とうとう28日に公式発表がありました。
まさか、結婚と脱退の両方がこようとは。
事後報告だったので、
私にとっては22日のシークレットライブが、6人での最後のライブになってしまいました。
そのときは、一週間後にこんなことになるなんて思ってもいませんでした。

正直、入籍の話も脱退の話も初耳だったので、
驚きとかいろんな感情が私の感情の最大容量を超えてしまったので、
最初はびっくりしすぎて涙も出ずに、ただただ呆然としてました。
ケータイサイトのメンバーの文章を読んでいくうちに、
だんだん涙が出てきました。

インスピは6人でインスピで、誰が欠けてもだめで、
北くん、大倉くん、伸二くん、杉ちゃん、塚ちゃん、崇文さん、
それでインスピなんです。
崇文さんの横は、絶対に塚ちゃんなんです。
あの二人がいたから、塚ちゃんのベースが下から支えてくれたから、
コーラスの4人が安心して歌えたんです。
塚ちゃんのいないインスピなんて、考えられませんでした。

塚ちゃんがいなきゃ、
バリハリハも星しるべも浪漫飛行はどうなるの?
Dear Youだって、塚ちゃんのベースから始まるじゃん!
っていうか、これから誰がインスピの曲を支えるの?

その後は、なんで事後報告?とか、
せめて入籍のことくらいは5月に知らせてくれてもよかったのでは?とか、
悲しみと同時に怒りも湧いてきました。
うちらファンは、塚ちゃんに対して
今までありがとうも、結婚おめでとうも、言うことが出来なかったんです。

そのことも含めてただただ悲しくて胸が痛くて
しばらくの間、大泣きしました。

公式の発表があった日は、そんな感じでパンパンに腫れた目ですごしました。

前の前に、かなり落ち込んだ記事を書いたときは、
もう絶対に数週間は立ち直れないと思ってました。
胸が痛くて、もうインスピのライブには行けないかもしれないとも思いました。

大泣きして、色々考えて、もう一度インスピの曲を聴いてみて、
それでだんだんと心境にも変化がでてきました。

どれだけ悲しくてもやっぱりインスピは好きだし、
悲しい気分を持ってても毎日は変わりなく流れていくしで、
自分でも薄情なのかなーとは思いますが、
だんだんと、なんていうか「慣れる」っていうことではないけど、
その状況が平気なものになってきたんですよね。

そして昨日、Feiの会報が来ました。
メンバーの手書きの文書を読んで、また泣くかと思ったんですが、
思ったよりも全然冷静で、ちゃんと文章を読むこともできたし、
相変わらず薄い会報では笑えたし。
それで、あぁ、本当なんだな。と受け止められたし。

もちろん、今でも塚ちゃんのことを考えたら胸が痛いし、
まだ5人のインスピを笑顔で受け入れられるかと言われると、わかりません。
だけど、脱退を知ったときよりも
断然冷静な考えを持つことができるようになりました。

私たちも辛いけど、
塚ちゃんから直接脱退したいと言われたメンバーは、
ストリートや渋公のときにはもうそのことを知っていながら笑ってくれて。
それは、考えただけでも身を切り裂かれるほど痛いことで。
そして、当の本人の塚ちゃんは悩みに悩んで出した最善の策が
脱退だった、ということで。

この時期まで結婚と脱退の発表をしなかったのも、事後報告にしたのも、
たぶん、塚ちゃんとメンバーが考えた中で最善の策だったんだろうし。
正直言って、そういうことされるとファンとしてはちょっと寂しいけど、
これがやっぱり正しいファンとアーティストの関係なんだな、と再認識しました。

だから、一回きりにするから叫ばして。

塚ちゃんのバカバカーーーーーーーーーーーーー!!!
なんで結婚したらやめるのよーーー!男が寿退社なんて聞いたことねーぞーーー!!




ふぅ。



とりあえず、私なりに考えたのは、
やっぱり今でも塚ちゃんが脱退っていうのは、本当に悲しいし辛いです。
これからのインスピがどうなるのかも気になります。
もうほとんど泣かなくなってきたけど、
これはまだ塚ちゃんが脱退したっていう実感がないからかもしれない。
だから、今度5人のインスピのステージを見たら、
また泣くかもしれないけど。

いつまでもグダグダしてたら、
これから5人でも頑張ろうとしてるインスピのメンバーにも失礼だし、
何より、幸せになろうとしている塚ちゃんを悲しませることになると思うんです。
だから、私はこれからのインスピを、
今まで以上にワクワクしながら見守ろうと決めました。
これからのことを前向きに考えるけど、
塚ちゃんのことも塚ちゃんのくれた歌も、絶対に忘れません。
一生の宝物です。

だから、涙目になりながらだけど、せめて最後に。

塚ちゃん、今までおつかれさま。そして、本当にありがとうございました。大好きです。
そして、
塚田さん、どうか、本当にどうか、お幸せに!!
[PR]
by keiko-plusblue | 2006-12-30 19:55 | INSPi